メインメニュー

攻略メニュー/ネコカ(MBAC)

シオン

まとめサイト: シオンスレまとめっぽいページ 

特徴

  • 最兇最悪の6B中段。下段無敵の噂だが実際には下半身無敵でこちらの暴れは無駄無駄無駄(2Cは当たる)。
  • リーチ長い上にアーマーまでついてる2C
  • ADは見てから低空EXワンワン(2147C)余裕です

立ち回り

空中戦では向こうに分があるので先飛びはおすすめできない。 シオンJB>ネコカJA>シオンJA・JC>ネコカJB・JCっぽい。 シオンのJBは出が速く、前方(〜斜め下)に強い判定を持っているが持続は短く連打が不可能なため、 JAに分がある・・・ってことでやはり後飛びからの昇りJA(連打)は有効。 JCなどとの併用でタイミングを絞らせないように振る。 対空はファジー打撃(ガード方向にレバーを入れ、着地寸前に5(4)C/5A入力) ・エステなど。

6Bは気合いで立ちシールドするしか。最低立ちガードはしたい・・・。 暴れるのなら最速で2C>2B>BE5B>エリアル。 どうしてもガードできない場合はリスクを承知で暴れもありか。Aエステが刺さる。

2Cにはジャンプで避けてから攻撃を当てるか、エステを当ててダメージを稼ぐのがよさそう。バクステはほとんど機能しない。

起き攻め

リバサ昇竜のリスクを考えると、起き攻めは様子見(リバサ昇竜読み)、 ビーム、ゲップなどが安定。

やってはいけない

  • 6C: 見てから2C>EXグラントで涙目。あのアーマー何とかしてくれよぉ

Vシオン

まとめサイト: Vシオン攻略まとめ  MBACVシオンスレまとめサイト 

特徴

  • 最兇最悪の6B中段。下段無敵の噂だが実際には下半身無敵でこちらの暴れは無駄無駄無駄(2Cは当たる)
  • 広い範囲を持っているレプアルク。一応発生前に本体殴れば消えることは記憶の片隅にでも
  • 低空ワンワンは見てからADで吸われる罠

立ち回り

だいたいシオンと同じで詰んでる。対空と牽制頑張るしか。 空中コンボへ持って行かれる投げは恐怖だが、開き直る以外に術はない。

やってはいけない

  • 先飛び: レプアルク対空がウザイ。

アルク

まとめサイト: アルクまとめサイト  アルクェイド攻略 

特徴

  • 中段技が多彩。

被起き攻め時

  • BE5B: 中段。まあ普通には喰らわないと思う。起き攻めではなく固めで使われるとうっかり喰らうこともある。ちなみに中途半端に暴れても相殺に引っかかって負けるだけ。
  • 微BE5B(上段)>下段: 上の裏選択肢で、中段を意識しすぎると喰らう。BE5Bと同じタイミングでやられるとあまり見えない2択。実際にはそれだけだと暴れ安定なので、BE5Bのタメ具合で暴れ潰しを主眼に入れた起き攻めを見ることが多い。対策としてはおしっぱシールドが安定。 特に初心者〜中級者クラスでは最後まで溜めるのは滅多に見ないが(その前に暴れられるケースがほとんどだからだろう)、その場合は屈ガード(余裕があれば最後だけ立ガード)安定。
  • BE5C: ガード不能。ガードでがちがちに固まったところに出される。 あわてて暴れても相殺でぶっ殺される。補正もかからず悶絶ダメージを喰らう。 寝そべり後ろ歩き(しゃがみガード)でスカる。別名下段攻撃。BE5Bと思ってシールド張っていた場合も解除してからしゃがみガードでスカ。おいしくフルコンへ。
  • 各種技: 固め技(次項)参照。

固め技

  • 邪魔よ!: A・Bは前進距離が違うだけで基本的に同じ。 (1段目) 2Cなどの固めからディレイで出される。暴れ潰しといれっぱ狩りを兼ねる。 (2段目・そこ!) ここまではほぼ入れ込み。 (3段目(1)・そこ!・下段) 下段の発生は17F。 (3段目(2)・沈め!・中段) 発生27Fのやや遅い中段。喰らうとダウンで起き攻めループ。中下段どちらもガードしたらこちらが有利になる。ファジーガード(レバー14と入力し、先に来る下段なら1の時に、後から来る中段なら4の時にガードできる)でイイでしょう。 0.3秒ほどあるその時間差に気づけば避けからフルコンもできるし、 怖ければ2段目までにバカキャンや生バンカーで反撃しておくのもOK。
    下段と中段とを比べた場合、中段の方はダメージが単発で終わるので見えない場合はしゃがんでおく。ジャンプに喰らったり下段を喰らって大ダメージをもらうよりはマシ。
  • 肘(せーのっ!): A肘は計算上は五分。がこちらの技の発生が遅いことを考えると事実上はガードで不利。読み切った確信が無いときは暴れなどは控えるべし。B肘は距離によっては2段目がスカることも。2Bが届く距離だが、バンカーがどちらにしても確実。
  • 爪(なにやってるの…!): A爪は下段。画面端で喰らうと壁コンスタートする。ディレイで派生を出されるケースがあるので暴れはリスクが高い。爪の派生はガードしたら11F有利なのでお好きな反撃手段で。

ワルク

まとめサイト: ワルクまとめサイト 

被起き攻め時

だいたいアルクと同じなのでそちらも参照のこと

基本はチキガで。中段さえ見えれば崩す手段はあまりない。 BE5C以外はガードして問題ない。暴れてフルコンもらうのだけは勘弁。 地上イカが暴れ、いれっぱ、バクステ狩りになっているのに注意。拒否行動はよほど狙ってやらないとリスクリターンが釣り合わない。 ちなみに2B、5Bが立屈シールド2択になってるのでシールドは忘れちゃっていい。 頃合いを見計らって黄泉・低空ワンワンなど。

立ち回り

相手が最も得意とする空中戦では・・・

ワルクの昇りJA連にはこちらのJA連で余裕で勝てる(あ、もちろんこちらが下を取って)。下を取ったら別にBビームでもいいけど。 ワルクのJBは上→下の順で判定が出る。こちらが先飛びしてJB(1段目)やJAに刺されないようには注意。置きJB(深く飛び込んでから2段目を置く)にはリーチの長さを活かして遠くから発生前につぶすように出す。そこまでしなくてもBビーム/Aエステでいいのも同じ。 適当にJCなんかを打ったらイカリングに吸い込まれてエリアル乙るので注意。逆にイカリングが来るのがわかっていれば地上で待っていればいい。

一方、こちらが上をとってもやること無いので(下りJCはJA連、5A連で余裕に負ける)、先飛びはあまりしない方がよい。 じっくり様子を見ながら戦う分にはまあそんなに不利ではありません。 必然的に地対空が多くなるかと。 少なくとも飛ぶと同時に攻撃ボタン押すプレーヤーに負ける要素はない。

地上戦について。5Bがアーマー付きで補正もかからないのがウザイ。差し合いは大抵負けるので暴れは控えめに(笑)

秋葉

まとめサイト: 秋葉攻略 

立ち回り

機動力の低さをついてビーム牽制で押していく。 空対空で空中鳥をやってきた場合、目一杯先出しで向こうの発生前にJCをたたき込みたい (先出しで出さないと、鳥でなくJCだった場合に判定負けする)。 月(火柱)にも注意。喰らってフルコンもらったりしないように!

固いのでKOは狙いに行かず、あくまでタイムアップ狙い。

端で固められたら涙目。 バンカーなどで頑張って切り返すか。

固め連携で2B以降5A(隙消し)、BE5C、6C、3C、 エステは向こうの2Cにつぶされる危険高し。 2B>BE5BならOK。 2Cを振りにくくさせてから他の選択肢を使うようにするのが良い。 微BE5C(モーションはタダの5C、少し前進)などを混ぜるのもアリ。

赤秋葉

まとめサイト: 赤主秋葉まとめサイト  赤秋葉スレまとめwiki 

やってはいけない

  • 対空Bビーム: 普通にガード後反撃受けます

立ち回り

お互い防御力が紙なので、崩れると一方的に勝ったり負けたりする可能性が高い。 向こうは機動力、こちらはそれを追いかけるリーチとの勝負になるが、 秋葉の判定はそれなりに強いので丁寧に戦ってゆきたい。 体力リードされていても焦ることはなく、時間いっぱい使って最後にゲージ勝ちすればよい。

まあ要するに秋葉を速くしたようなものだからそれなりの対処。 ビームはよほど離れてないとガード後反撃を喰らう可能性が高いので注意。 (逃げ秋葉にはビームが有効かも。使う場合は当たり前だけど相手をよく見て)

相手の飛び込みには空中行動の残り回数を頑張って確認しながらエステを見せたり 逃げまくったり。

起き攻めされたらバクステもたまに考慮しながらガードするべし。 ADは・・・知らん。

翡翠

まとめサイト: 翡翠まとめサイト  SUGER CUBE 

立ち回り

地上戦は分が悪いので空中戦で戦いたい、が相手はHJ>投げを常に狙ってる。

地上戦では翡翠の攻撃がぎりぎり届かない中距離を何とか保って(ダッシュ&バクステ)、 2BBE5BBE5C。 地上戦は多段技の利点を生かし、相殺無視してガン攻めで!

投げ以外の崩しはない。とはいえ投げられたあとの連携(起き攻め)が嫌らしいので投げられたくない。というわけで近距離戦は常に投げと暴れと暴れ潰しとの読み合いになる。 翡翠の厄介さは椅子と弁当の数に比例するので、なるべく設置させない。 特に遠距離ではビームが有効。要塞だけは作らせない。 良かった。ネコカオスには2P限はありませんよと。(from 翡翠スレ6)

捌き方

  • BE5C: 固めの要所要所でやってくるBE5Cには避けからフルコン。 あるいはガード>バンカーでもOK。
  • 物投げ: 中〜近距離は本が当たり、中〜遠距離は壺が当たる。それだけはシールド。

やってはいけない

  • 受身: 受身狩りが非常に強いので、下手に受身を取ってはいけない。

琥珀

まとめサイト: メルブラFT・AC琥珀攻略  しゃーぷりろード 

特徴

  • リーチ長げぇ。
  • 昇り中段(鴨音、生)がないので、すげぇ楽だ

立ち回り

起き攻めは下りJCの後は必ず下段。JCすかし下段もある。 要するに下段さえ喰らわなければよい。 B植物の起き攻めもしゃがみガードだけでOK!!

こちらからの切り返し手段には乏しく、 黄泉やダッシュ・バクステで逃げ回りつつビームで地道に削っていくのがよさそう。 琥珀の2Bなどが届くので間合い外からBE、6Dとかは使いにくい。

ヒスコハ

まとめサイト: ヒスコハまとめサイト  ちかみけ 

攻略

各キャラの単体の動きに対する攻略については翡翠琥珀を参照してください。

確認事項

  • 翡翠使用時・絆(琥珀JC)は上段。立ちガードしてはいけない
  • 琥珀使用時・絆(翡翠JC)は中段。立ちガードしなければいけない

メカヒスイ

まとめサイト: メカヒスイ戦術各論 

捌き方

  • 低空スクランのばらまき: スクラン見てからシールド>JCで楽になる

立ち回り

ガンダッシュして2BBE5BBE5CジャンプAエステ、様子見のガードなど。 メカの2B(リーチが長い上相殺判定もあり使いやすい)がやっかいなので、 JCを混ぜて振りにくくさせる。

志貴

まとめサイト: 志貴&七夜攻略ノート  遠野志貴攻略サイト 

楽勝、ってことはありませんが、わからないうちにハメ殺される心配はなさそう。 どうせ向こうは舐めてかかってくるので、それを逆手にとってぎゃふんと言わせるべし!

特徴

  • ダッシュ・バクステ性能は依然高いが、距離は短い
  • ネコカオスにとっては恐怖のJA
  • 飛び込んでのJCがやっぱり強い
  • 主人公だけあって足長ぇよ・・・

捌き方

  • JCでひたすらバッタ: キッチリ対空で捌く。早だしならBビーム(ダッシュが短いので先読み気味でも安全?←要検証)、HJの頂点を超えたあたりからならAエステ、間に合わなさそうならC黄泉で拒否する。
  • 地上で延々固められる: 投げ以外の崩しがないのが大きい。 ガンガード1択でも良さそうだし、隙を見ていれっぱで逃げるのも手(切り札その1を喰らい逃げする)。空中に逃げたら相手のJAをかわし何とか逃げる。
  • JAで撃墜させられる: 上を取るとさようなら。ガードして投げ連打(発生1Fなので相手の連打力によっては割り込める)が無難かも。JCを振ってくる相手には股間を狙って(笑)JAかJCをぶち込めば落とせる。

七夜

まとめサイト: 志貴&七夜攻略ノート 

特徴

  • かっこよさ担当だけあって足はやっぱり長い。
  • 固めもウザイ。耐えられずに暴れたら負け。
  • 時々トリッキーなネタが飛んでくることがあるが、大抵は1回限りしかやってこない

固めウゼェ

やろうと思えば半永久的に固められる。バリエーションも多い。 とはいえ大抵の固めはワンパで時々投げが混じってくる。 投げは諦めて(どうせRBがかかりまくってるだろうし)、パターンを見切ることに専念したい。 ぶっちゃけると下段か中段かさえ見えれば固められても無問題。 台バンするまえにまだやることはあります〜♪

ピンポイントのイベントとしては・・・

  • 5A(隙消し): 一番暴れたくなるが「隙消し」なので隙はあまりありません。見てから暴れはまず不可能。暴れるなら黄泉で仕切り直す方がはるかに安全。さもなくば1回ごとにかかるRBを見てほっと一息。大抵次は屈シールドで安定。勇気があればタバコ(3)ダッシュ2A、2Cをつぶせる。
  • 5B>BE5B(派生) or BE5C: 中段。一番割り込みやすいところ。立ちガードするのも癪なので、気合いでシールドせよ。Aエステから反撃開始。
  • 低空ダッシュB: 中段。エステで対処できる暇があるかないか。 反応に自信がない限りガード無難。
  • 各種閃鞘・水月: 消える系は消えたのを見て全部後ろジャンプでOK?

立ち回り

空中戦では、七夜のJA連打が強いのは相変わらず。ガードしたらひたすら投げ連。 JAからのコンボは安いので喰らってもドンマイ。 JA連打は置きJCに負けてしまうので禁止。 JCにはちゃんとタイミングを合わせてのJA(七夜のジャンプに少し遅れてジャンプ)や、 早めのBビーム、やっぱり対空エステが無難。 七夜のJA連打には下からのJA連打で勝てる。

BLOODHEAT時は大抵LAを狙ってる。ジャンプからのすかし投げとか黄泉2択とか。

地対地は要所要所(例えば5Aの後)の屈シールド。Aエステなどでカウンターに取ってあげたい。

やってはいけない

  • 上を取る: よほどのヘボ相手でも一方的に負ける。 万が一自分が上にいたら、シールドかカラスかで誤魔化すしか。

都古

まとめサイト: 有間都古攻略サイト @wiki  【有間都古】 

特徴

  • リーチ短いぜ
  • 機動力高いぜ
  • JCの判定強いぜ

捌き方

  • Bちょうしんちゅう: ガード方向を変えなければタバコでつぶせるってさ!

立ち回り

画面端で固められたら上いれっぱで逃げましょう。

相手が近づいてきたらシールド>エステバクステ>2Bが安定。

ワラキアの夜

まとめサイト: Night ON THE BLOOD LIAR 

特徴

  • ダッシュが長くて速い。A黄泉とかはきつそう
  • A召還(秋葉)は中段
  • 固めの最後は竜巻が多い。
  • ワラキアの強制解放が機能しまくり。

立ち回り

距離取ると結構厄介なので難しい。Aビームは竜巻(22B)で撃墜させられるし、それ以前にHJで飛び込まれて終わる。安易な飛び込みも2Bの餌食に。空ダ、二段Jを存分に使ってタイミングをずらしたりしてJC。 牽制のJB、JCは全部地上ダッシュで潜る。 空対空するなら丁寧に立ち回って強判定のJAを押しつけると吉。 バッタでJB振るだけならBビームで撃墜する。 相手が地上にいる場合の様子見Bビームは危険。 相手が飛んでいない(空ぶった)場合は画面端からでも詰め寄られて反撃を受ける。

黄泉択のセットプレイは相手のダッシュ>2Aによりあまり機能しない。 使う場合に関しては2A読みのエステなどをばらまくなど工夫がいる(がそこまでして使いたいかと言われると別)。

地上戦はおしっぱ屈シールド>Aエステでだいたい勝てる(2A、2B、2Cはシールドに取れるし、5A、5B、5Cは攻撃そのものがスカる(5Bだけ根本に当たる)ので振ってこない)。空中戦(地対空)もおしっぱ立シールド>AエステでOK。 あとはビームの牽制をしっかりとやること。

レプネロ>ダッシュ投げにはよくわからなければ暴れでOK? 投げ返しも結構強い。精神的ダメージはかなり大きそうだなぁ(笑)

喰らったら笑われる

  • JC: 多段ヒットの途中でしゃがんでしまうと・・・
  • レプ秋葉; 言うまでもないが中段。「今更喰らう奴など居ない」とまで言われてる
  • 固めの〆の竜巻(22B): 距離が離れたといって刺さると・・・

ネロカオス

まとめサイト: ネロ・カオス 攻略まとめ(のようなもの) 

捌き方

  • 蛇や鹿がウザいんです: 蛇や鹿を見たら低空Bワンワン(2147B)が蛇やB鹿を無視しながら攻撃できる。怖ければC黄泉が無難。
  • エリアルJCの後の鹿がウザいんです: 空中受身からダッシュ(浮遊)、Bカラス、EXカラスなどで鹿が消えるのをのんびり待つ。うっかり高度が低いとカマキリ(4C)が(笑)
  • バッタがウザいんです: 対空エステが機能する。
  • カマキリもウザいんです: シールド>エステで根性焼きに。

立ち回り

遠距離ではAビーム。蛇が見えても最速で出せばガード・ジャンプが間に合う。 ジャンプにはBビーム。

中・近距離は低空ワンワンがキーとなる。動物見たら低空Bワンワンを出すとOK。 出てきた蛇やB鹿を無視しながら攻撃できる。 発生が速いのでネロ側も気づかない。

エリアル後の動物召還は収まるまで空中で浮いているのも手。 カマキリの高度以上で飛んでいれば空中には何も来ない。 地上で2Cを打とうと待ちかまえていることが多く、よく見てシールド。 他にも蛇がばらまかれていたりすることもあり、着地には注意が必要。

実は起きあがりに重ねられた2Aは前ダッシュでかわせる(頭一つ分判定が小さくなるため)。

やってはいけない

  • BE系: カマキリなどで持って行かれて涙目。
  • 置きエステ: カマキリなどで持って行かれて涙目。相殺が酷い。置かないエステ(対空)はかなり有効

レン

まとめサイト: レンまとめないブログ 

捌き方

  • JC、J2C等の表裏: レバガチャバクステで。
  • JA連: 付き合わずにビーム、エステで対処
  • 黒猫: 見てからゴキジェット。(日本語訳: Aビームで黒猫を本体もろとも除去する)

立ち回り

地上戦は忍耐力が要求される。 向こうの崩しは多くないので攻められてもあわてない。 下手に暴れたりしてコンボに持って行かれたら痛い。

バッタには普通に対空をキチッとやり、待ちには牽制をキチッとやる。 攻撃判定の固まりみたいなモノなので、空中戦は注意。 対空でエステは危険。 めくり気味のJC、J2Cにエステカウンター取りにくい上、 空中ダッシュでタイミングをずらされることも多い。 早めのBビームが無理そうだと感じたらバクステやら黄泉やらで逃げる。

やってはいけない

  • 3C(カマキリ): いろんなジャンプ攻撃に一方的に負ける
  • 上を取る: EX氷、差し込みJAとか負ける要素大。シールド・投げで誤魔化すしか。

白レン

まとめサイト: MBAC白レンまとめサイト 

確認事項

  • キャラ限コンボが入るためコンボダメージが高い。
  • 前ダッシュ: 無敵付き分身歩き(ステップ・前半)>高速ダッシュ(ダッシュ・後半)。前半・後半はキャンセルで交互に変えられる。分身歩き中は裏回り可能
  • バックステップ: 無敵付き分身歩き

見えない表裏起き攻め(画面中央、2C・2B・Aスワンから地上ダウンから)の対処法

表裏以外の起き攻めは頑張って見切ってください。中下段なら表からBスワンとBEAスワン、あとBスワン>キャンセル2A or ナーサリーの択。よくわからなかったらバクステ。 ここでは表裏択を掛けられた場合の対処法。

  • 前ステップ>前ステップ: 裏回り
  • 前ステップ>前ステップキャンセルダッシュ: 裏回らずに表

一番基本的な見切り方。そこそこの相手までなら見切れる。 まずは自キャラを見る。 ダッシュだと自キャラが押される。分身だと自キャラは押されない。 従って、自キャラが動いたら表、動かなかったら裏、と考えればよい。

  • 自キャラが動く表!
  • 自キャラが動かない裏!

しかし、ダッシュにディレイを掛けることで自キャラを動かさずに表から攻撃が来る。 1回目、2回目のダッシュのタイミングを見て違和感をもてるようになるまで白と対戦して慣れるしかない。

他にもCナッツで裏へ回ってから前ステップで戻って表裏択もある。 見切り方は同じ。

拒否の手段について。 割り切って暴れやシールドをする手もあるが、 ディレイがかかってもさらに2B、5Bが両方とも重ねることもできるので、 一応1/2の博打であることは覚えておく。 レバガチャバクステは使えるっぽいが? ゲージがあれば解放する手がある。

危険

Aビームはシールドx2〜3>前ダッシュでかわされることもある。 ダッシュ後、白レンの2Bが入る位置だと反撃確定となる。

青子

まとめサイト: MBAC青子まとめサイト 

捌き方

  • 玉設置: ビームで本体に攻撃を当てて玉も消す。カマキリでもOK。
  • ダッシュ>3C(ご案内): エステでカウンターを取る、バクステ>2B〜避け>フルコンなど。
  • 強制解放: こっちも強制解放しておく? LAが強いのでうかつに攻めてはいけない。

やってはいけない

  • 6C: 相手の2Bとかに簡単に割り込まれてご案内される
  • 受身: 受身狩りの性能はやはり高い

立ち回り

相手の設置の動向を見ながらビーム・カマキリ(3C)などで牽制。

気をつけるべきはBEワン(中段)・ダッシュ>3Cを喰らわないこと。 相手の主要なダメージソース。

それ以外は相手の攻撃はほとんど当たらない。 A、B蹴りは当たらず、密着状態からだと飛び越してしまう。 が着地硬直が短いため下手に反撃しても失敗するのでバクステなどで一旦引く。

各種玉(浮遊・破裂)は高度的に当たらない。 ビームで本体を殴って消しても良いし、 どうせ地上戦になると考えればしばらく放っておいても良さそう。 なおEX浮遊は4カウントで爆発して、爆風がネコカにもあたるうえ、接触判定にしか反応しない(消せない)のでさっさと引く。

地上戦では、早めの2B、エステ、カマキリを置いてカウンターを狙う。 地対空はキチッとやりなさいと。 青子の割り込みは豊富で、2B・各種BEが届く距離からの蹴りは 普通に当たるので無理に固めない方が無難。

さつき

まとめサイト: 弓塚さつきスレまとめサイト Ver.A  弓塚さつき攻略ブログ 

特徴

  • 起き攻め見えねぇ
  • 空中の行動はかなり制限されているが、反面かなり素早い。その上判定の固まりみたいなJCまで持ってる
  • 地味に発生5Fの下段2C。2Aや5Aは4F

起き攻めの対処法

まず基本知識として持っているべき事項として、画面端空投げからの起き攻めは低空ダッシュ・バクステJCと着地2Cとの中下段二択。 画面中央での起き攻めはジャンプで一度裏周り、低空バクステJCの表中段と着地2Cの裏下段。 さつきの動きに惑わされずに着地をしっかり確認すればガードも可能。 詳しい起き攻めレシピはさつきの攻略サイト(弓塚さつき攻略ブログなど)を参照されたし。

起き攻めの2択にはシールドバンカーが安定。JCまたは2C(1段目)をシールドにとってバンカーがヒットする。 一度ジャンプで裏回るのでコマンドが左右逆になることに注意(HJ前でこちらが左、さつきが右にいる場合、236D)。 低空バクステJC択にタイミングで立ちシールドが出るかも知れないので、入れ込みでエステを置いておけば安全(236D23B)。(※管理人注: 236D>5Cからコンボってのもある?) あまり振りすぎると裏周りレシピを2B>5B>2C>〜と変えられ(バンカーが5Bに相殺されて2Cにヒット)ることもあるので注意。

立ち回り

近距離戦は分が悪いので中距離以上に離す。 自動的に地対空が多めになる。バクステなどで逃げ回ったり、対空をきちっとこなしたり。 一度捕まれるとそのままKOされることも多いので捕まらないように注意。

空中が素早いのでさつきのHJの飛び込みに対空Bビームはわりと危ない。エステも向こうの飛び方によっては(真上に来られると)当たらない。さつきの空中行動制限を逆手にとって2C対空が機能するので普段はコレで。

ジャンプ防止のJCは必要だが、慎重に振らないと簡単に対空アームに取られる。JCの先端を足下に当てるような振り方は対空アームに当たらない。ヒットしたら3C(カマキリ)>Bビームで。

こちらの起き攻めにはリバサ邪魔(22AorC)によって拒否られる事を覚えておく。頻繁にやってくる相手にはAビームで。

向こうの攻撃をガードすることになったら、 暴れは避けてチキガで。 低空ダッシュからの固め直しにエステのカウンターを狙う。

捌き方

  • 対地アーム: やってこないとは思うけど、密着状態でなければ後ろしゃがみ歩きで当たらない。間合いが近ければバクステで。
  • B行くよ: 発生が異様に遅いので大丈夫だとは思うけど、中段で空ガ不可(A、EX行くよは上段で空ガ不可)。さっさと2Bでつぶすか、バクステするか、それも嫌なら普通にガードするか。あわてて飛んではいけない(笑)

コウマ

まとめサイト: MBACBBS 軋間紅摩攻略スレまとめサイト  MBAC攻略風 

特徴

  • 攻撃力高い&防御力高い。慎重に立ち回らないとあっという間に殺される
  • 中段は空中からの攻撃のみ。下段も少ない。その代わり投げ技やアーマーが豊富

確認事項

  • 二定: 下段で昇竜。だが対空は普通は2Bが来る
  • 三定: コンボ・暴れ潰し技
  • 兜神: 無敵&スーパーアーマー技。Aは攻撃付きの牽制潰しとして、Bは強引な移動技として使われる。EX(昆布衝動=欣求浄土(ごんぐじょうど))は2秒ほどアーマーで暴れられる。
  • 圧壊(あっかい): コマンド投げ。万が一空振りしたら1秒以上隙がある。
  • AD(通称・エンジョー)・AAD(通称・ダイエンジョー): コマンド投げ。 投げ間合い内にいれば暗転返し、解放以外の回避手段はないらしい(ジャンプも無理と書いてあったが?)。投げ間合い外は上段攻撃。

立ち回り

一発がとにかく重いので、なるべく捕まらないように逃げまくる。 攻めに行ってもリスクがでかすぎ。牽制でちょこちょこ削る作戦が吉。 向こうが空中戦を仕掛けてきたら地対空、空対空はオレのターン。 エステ、ビーム、先出しJCなど。

空対地は2B対空がコワイので勝手に飛ばない。 飛んでしまった場合は時々カラスを撒いてタイミングをずらすのはあり。 Bカラスは空ダや2段Jでキャンセルするなど、着地硬直を消してから安全に着地する。 安い割には・・・なので使いすぎないように自重。 対2B対空としては、2Bの判定の薄い真上からJBを置いて仕掛ける手はある。

固めはワンパにならないように。 バカキャン圧壊で投げられる。

攻められてしまった場合は諦める。 固め自体の密度は低いが暴れ潰しやダッシュ相殺など、 こちらが暴れるのに不利な要素は多い。 普通のディレイ付きのビートの間は固まっている。 圧壊に注意し、見えたら(読めたら?)アクションを起こす。 EX圧壊見たらジャンプで逃げるべし。

下手に何かやると昆布衝動で押し切られる。 そこまで行かずともB兜神で一気に距離を詰められる。 カマキリとかは危険(カマキリは圧壊で投げられることもできる)。

相手の相殺対策だが、相殺>2AにはこちらのAエステが刺さるが、 相殺>EX圧壊には軽く負ける。2B、2Cを置いてあえて相殺させ、 相殺>バクステ相殺>ジャンプが安全策。 安全策以降の立ち回りは要研究。

被起き攻め

相手のコンボをもらって起き攻めを喰らった場合・・・ 結論から言うとファジー投げが安定。 起き上がりにきれいに重なった場合、軋間のジャンプ攻撃は一切当たらないため、 2段ジャンプの様子見、すかし下段、圧壊をやるしかない。 なお、起き上がりのタイミングからずれている場合はガードしないと普通に当たる。 いずれにしても起き上がりの瞬間にはジャンプ攻撃は重ならない。

シエル

まとめサイト: シエルスレまとめサイト 

特徴

  • どこからでも飛んでくるセブンスがコワイ。BE系、6Dは全部取られる。
  • 起き攻めは表裏二択・派生2C二択・ハイロウ二択のみ。鴨音はない。
  • 2B、5Bはどちらも下段だが、シールドはそれぞれ屈、立でしか取れないので、シールドは狙えない。

立ち回り

ネコカオスの技は発生が遅かったり隙が大きかったりと、安易に技を振ってはいけない。 そのためこちら側のダメージソースは非常に少ない。 逆にシエル側にも崩し手段がなく、メインのダメージソースはお互い投げになるだろう。 投げられても相手のゲージは増えないので無視して良い。 暴れ潰しから大ダメージもらうよりは遙かに良い。 黒鍵などの牽制による削りも然り。 黒鍵で削られようが殺されるわけではないので、 時間を目一杯使って反撃のチャンスをじっと伺うのが吉。 いかにセブンスを誘う(ガードする)かが勝負のキモかも。 BEと見せかけて寸止めとか、ウニウニとか・・・

地上戦はやはり分が悪いので、できれば空中戦へ持って行きたいが・・・。

セブンスのおかげで起き攻めは機能しづらいので、エリアルは投げ〆せずに、JC>受身狩りビーム、ワンワン〆からバクステ22Aなど。 投げ〆の場合はウニウニ下段・ウニウニ(ガードして様子見)などでセブンスや暴れを誘導するなどの工夫が必要。

荒らしても運ゲーになるので、とにかくじっと耐えて隙を見つけて反撃する。

捌き方

  • 固めレシピ・2B>5A(空振り): ノーキャン(キャンセルせずに2A、2Bなどすでに使った技を振ろうとする)には暴れが余裕だが、5Bなどでキャンセルされるとつぶされる。相手の癖から読むしかないが、無理に暴れる必要はない。生バンカーは安全っぽい。
  • 固めレシピ・4C>5A(空振り)/2C>5A(空振り): 同じ空振りでも向こうが有利。投げを確信したとき以外は動いてはいけない。
  • 固めレシピ・(2Bなどから)4C>5C〜: 最後までガード。ディレイ幅が大きく、下手に動くと刺さる。最後までガードしたら仕切り直しになる。
  • 地上黒鍵ばかり振ってくる: ハイジャンプ(ガード仕込みは言わずもがな)で飛び越えれば隙だらけ。あるいは、全部シールドにとってあげるとすごく嫌がる。
  • JAばかり振ってくる: バッタシエルはただの敵なので、他のキャラ同様に対処。

被起き攻め時

画面をちゃんと見ていたら投げ以外で崩される要素がない。 エリアル2段ジャンプを使い切り、空中投げ〆からの起き攻めはこれで100%かわせる。

  • 画面端・空中から: ファジー打撃(ガード方向にレバーを入れ、着地寸前に5(4)C入力(向こうの出方によりタイミングは異なるので目押しで)。JC、Bハイをガードしていた場合は5Cは発動せず、すかし下段、Aハイなどには5Cからフルコン)が全部に対応。鴨音中段は来ないので着地にあわせてしゃがみガード。
  • 画面端・Aハイで降りてきた: 派生2C二択は中段択がネコカのしゃがみに当たらないのでしゃがみ安定。
  • 画面中央・空中から: 表裏二択がやってくる(空ダッシュのタイミングによる表裏のみで夢守式は非対応)。どっちかわかる場合はガードが無難。表裏シビアなタイミングで飛び込まれると見えないので(そういう場合は大抵シエル側もどっちに落ちるかわかっていない)、ファジーバクステ(464646・・・のレバガチャでどっちでもバクステが発動する)か避けがリスクを比較的低く抑えられる。(※読まれると仕込み(別名ぶっぱ)236CでセブンスかEX黒鍵かが飛んできて死ねたはず。シエル側もリスクが高いので滅多にやらない) シエルの2B相殺でお星様が見えるので決して強制解放してはいけない。解放したいときには大抵狙われている!
    2B、5Bがシールド二択になっているため、ここでシールドを張るのは無理。 2B、5Bを読んだら避ける。2A連打ならシールドOK。

エリアル1段〆からの起き攻めはもう少し複雑。といってもダッシュの代わりに2段ジャンプをすることで、JC>(空中ダッシュ)>JCの空中2段(ネコには入らない)や、裏回りの選択肢が多少豊富になるだけで、対処は大きくは変わらない。

やってはいけない

  • 地上のシエルに各種BE系6D黄泉: 相手のゲージが100%以上ならセブンスが飛んでくる。A黄泉はゲージが100%なくても地上ダッシュで突っ込んでこられると真ん中へ走るどころではなく殺される。
  • 待ちシエルにAビーム: ハイジャンプかセブンスか。いずれにしてもダメ

反撃確定ポイント

  • セブンス地上ガード/シールド時: 5Cからおいしくいただきます。
  • EX黒鍵空中食らい時(比較的近距離): 前受身を取って2段ジャンプ、空中ダッシュで裏に回る。全部投げ終わった時点(振りかぶって4本投げたのが2回でお終い)で反撃する。5C始動にしようと無理に近づいて喰らうのは勿体ないので、2C>2B>BE5B>エリアルが安全。 表からならJB>JC>5C>2B>2C>エリアルでも。

ネコアルク

まとめサイト: 猫が如く 

確認事項

  • ネコワンツースリー、溜めると中段(BE6A)
  • 2段中段には注意(JB>JCなど)。着地をちゃんと見ること
  • 全キャラ最速の発生を誇る2A(3F)。ダッシュ投げと2Aとを見切る術はない。
  • ビーム、エステなどの対空は標準装備。うかつな先飛びは厳禁。 置きエステ対策ができなければ簡単に不利がつく。
  • リーチは短すぎるので問題ない。
  • ダウン追い打ちにゃんぷしーは慣れるしかない。基本コンボは8B(=2B)>8C(=2C)>(jc)>2C(or1C=JC)>2C(or1C=JC)>投げ。ガードは前ジャンプ(=屈ガード)、歩き(=立ちガード)と覚えておく!

立ち回り

お互い見えないラッシュ力は持っていないのでプレーヤー性能が如実に表れる。 向こうはリーチが短いので接近させない立ち回りが重要になってくる。 向こうが近づいてこない限り無理する必要はないと思われる。

注意すべきは何気なくJCを振ってネコエステで一方的にカウンターを取られるケース。 普段こちらが使っている対空は向こうは当然できるわけで、 ダメージも決して少なくない。 JCに限らずネコカの通常技(JB、2B、6C、BE5C、カマキリets…)は置きエステに簡単につぶされる。 通常技を振るタイミングには十分に注意し、置きエステを凌ぎつつ攻撃をするかが重要。 ネコカの場合はカラスや空中ダッシュなどを最大限活かすべし。

やってはいけない

  • 相手MAX中にジャンプ: おいしくADに取られます
  • 相手MAX中にビーム: おいしくADに取られます。BHならLAもあり得る
  • 相手MAX中に溜め攻撃: 上手い人相手にはキッチリADに取られます

ネコカオス

確認事項

  • ビーム、エステなどの対空は標準装備。うかつな先飛びは厳禁 置きエステ対策ができなければ簡単に不利がつく。

立ち回り

リーチが長いのは向こうも同じ。無理して後出しJCとかにならないように。 うっかりJCを振ると置きエステにカウンターを取られるのはネコアルクと同じ。 通常技(JC、JB、2B、6C、BE5C、カマキリets…)は置きエステに勝てないことを十分留意して慎重に立ち回る。

逆に言えば相手の甘いJCなどは置きエステで潰し放題ということ。

THE CHAOS

  • 逆黄泉択: A黄泉からの黄泉2択を受けたとき、相手のネロを利用して2択だぁぁぁ!! (冷静に考えて中段択に意味は無いけど(笑))
  • 逆・逆黄泉択: 逆黄泉択を誘うためにわざと黄泉を出してこっちはビームだぁぁぁ!! (冷静に考えなくても向こうビームで終了)