メインメニュー

攻略メニュー/ネコ(MBAA)

クレセントスタイル

ハーフムーンスタイル

フルムーンスタイル

共通

崩し

2Bが下段、BE6Aが中段。JAが中段。 ビートの方向に制限がかかるため、崩しはさほど期待できない。
空中ダッシュの終了時は5Fの通常技キャンセル不能時間があるため、 J2B、J2C等の飛び込みは落下地点に注意。

多段中段

基本的にJA連打>JB>J2Cの方向で繋げれば全部中段で入る。

  • JA>JB>J2C: ネコ以外に入る?
  • JB>J2C: 全キャラに入る

中下段2択

  • BE6A>6B>6C>エリアル: 初段が中段
  • BE5B>2B>5C>エリアル: 2段目が下段

BE6AとBE5Bのモーションが同じことを利用した中下段択。 初段(中段か上段)を立ちガード、2段目(上段か下段)をしゃがみガード(広義のファジーガード)するというのが基本的な対策。 初段を立ちシールドに取られることも。

ラブアースのめくり

Bラブアースがボタンのホールドで潜ったまま前進することを利用。 ヒット時はスパキャンEXワニ園へ、ガード時はスパキャンEXゴモランへ。 ガード時ゴモランしないと反確なので使いどころは難しい。というより無理して使わなくてもいいかも。

錐揉みターンワニ園

    低空ダッシュ>(相手に重なる)>Bワニ園(632147B)

で相手の方向に向かってワニ園が出る。 表からのワニ園は2段ジャンプ(7入力)しなくても出るが、裏から7入力をしないとゴモランに化ける。 表裏がわかっているときは2段ジャンプ(振り向き)をせずに直接の方向で入力するのも可能。

対空

  • Aエステ: 斜め前方向に絶大なる判定の強さを誇る。 先端カウンターヒット時は5Cからコンボへ、多段ヒット時はJAからコンボへ。 真上方向の判定が弱いため、めくりに対しては無力。
  • Aゲップ: 斜め前方向の強さはかなりのモノ。 真上方向には全く判定がないため、めくりに対しては無力。 エステと違い空ガ不能で持続も長いが、 発生が遅い点、裏に回られると完全に終了する点と弱点も多い。 画面端を背負っているときはおすすめ。
  • JA: エステやゲップが引きつけるタイプの対空に対して、 JAは飛び込むタイプの対空。 地上の相手にあわせて技を振ってきた場合は確実に仕留められる。 空対空の置きJ攻撃には負ける可能性が高い。 エステやゲップで対応できない真上方向にも一応対処可能。
  • 空投げ: タイミングさえ間違えなければ。 投げ間合いが上方向に向いているのもありがたい